二種類のオルビス製品とテクスチャ効果

オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドを比較した場合は、違う部分は何処がどうちがうのでしょうか?

 

オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドの一番気になる違いは、洗顔後の肌感触になります。

 

洗い上がりは、しっとり滑らかな方が良いと言われる方の場合は、オルビスクレンジングジェルの方がお好みに合っていると思われますので、お薦めではないでしょうか?

 

さっぱりすっきり感の洗い上がりを味わいたい方は、オルビスクレンジングリキッドをお薦めしたいと思います。

 

メイクの汚れの除去効果に力を入れたいと思われる方には、クレンジングリキッドの方が良いと思います。

 

どちらかと言うと、クレンジングリキッドの方が、クレンジング効果は高いとされていますので、お薦めと思われます。

 

両方を比べて見ると、洗い上がり感や、肌触り感にも夫々違いはあると思われますので、その時のメイクの内容とか、自分の肌質を考えた上で、どちらが自分に一番合っているのか…などで、お選び頂くのが良いと思われます。

 

オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドを使用して、どの様にメイクの汚れを除去して行くのか除いて見ましょう!

 

オルビスクレンジングジェルの場合は、ジェルの厚さと弾力が、お肌の上に乗せた瞬間に伝わって来るジェルだと思います。

 

その様子は、テクスチャからもジェルとメイクの混ざり合った、心地よい感触の変化なども分かるとされています。

 

オルビスクレンジングジェルには、洗浄成分による汚れを包こむ成分が含まれているのですね。

 

また、オルビスクレンジングリキッドの方はと言いますと、メイクの汚れの内容により、夫々違った働きをしています。

 

水分とも混じり易い、アクアクレンジング成分も含まれている事も特徴の一つと言えるでしょう。

 

オルビスクレンジングリキッドとメイクが混ざり合って、汚れた部分を引き出してくれます。

 

洗顔後のお肌も、ヌル付いた感触や、クレンジング後の独特の成分による膜で包まれた様な感覚も残らず、とても、気持ちの良いスッキリとした洗い上がりですね。

 

それらの陽、陰の特徴を良く理解した上で、自分の肌に一番相性の良い、クレンジング選びは、綺麗な肌を保つ事の必須条件になるので、正しいクレンジング選びをお薦めします。